よもぎ茶を飲んで糖化で溜まった老化物質「AGEs」を分解・排出しよう!

私たちの体の中でタンパク質と過剰な糖分が結びつくことで産まれるAGEs(終末糖化産物)。いわゆる糖化ですが、これによって肌や髪、血管が急激に老化していくので、最近TVなどでも

 

「血糖値の急上昇を抑えましょう」

「糖分は控えましょう」

「糖化を抑制する生姜、ブロッコリースプラウト、お茶を飲みましょう」

 

というようなことが言われています。しかしこれらは、これからの糖化を防ぐ力はあるものの、これまでに体にできてしまったAGEsを減らすことは実はできません。

 

AGEsを減らすことがはっきりと認められているものは一つだけ。それは「よもぎのエキス」です。

 

糖化して体に溜まったAGEsを減らすには、よもぎのエキスが手軽に美味しくとれる、よもぎ茶がオススメですよー」ということでご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よもぎのAGEs分解能力

化粧品メーカー POLAの研究では、よもぎの抽出物が真皮中のコラーゲンにできたAGEsを除去することを確認。

 

また、よもぎの抽出物を配合した化粧品を6ヶ月間使用すると、AGEsが減少し、肌の弾力・柔軟性・黄色化の改善が見られたことがわかりました。

出典:POLA ORBIS ニュースリリース①,リリース②

 

そのほか、同志社大学の八木教授らの研究でも、よもぎの抽出物にはAGEsの分解作用があるPTB(フェナシルチアゾリウムブロマイド)という物質と同様の作用が発見されています。

出典:アークレイグループ からだサポート研究所

 

糖化レベルが30歳若返った人も!

元フジテレビアナウンサーの高木広子さんはスイーツ好きで、あるとき体の糖化度を測ると、44歳にして「70歳の糖化レベル」という判定がでたそう。

 

しかし、そこからよもぎ茶を飲むようにすると、1年半で糖化レベルがなんと30歳も若返ったそうです。

 

糖化予防だけでなく、すでに蓄積されたAGEsを減らしてくれるものはないかとリサーチし、たどり着いたのがよもぎ茶だったとのこと。

 

オススメのよもぎ茶

よもぎ茶

高木さんが飲まれているよもぎ茶が、この富原製茶組合の粉末よもぎ茶。

 

よもぎ茶

岡山県真庭市のお茶所、富原地区で作られた無農薬のよもぎの葉を100%使用。

 

よもぎ茶

ホットでもアイスでもサッとすぐに溶けてくれます。粉末の状態では、けっこうよもぎの香りを強めに感じますが、お茶にすると飲みやすくなり、とても美味しいです。

 

しかもノンカフェインなので、夜飲んだり、妊婦さんにもオススメ。私も毎晩ホッと一息つくときに飲むようにしています。

さらによもぎは、血液をサラサラにしてくれるクロロフィルを多く含み、抗酸化力のあるビタミンAがほうれん草より多く、鉄分も牛レバーより豊富です。栄養価が高いので、「ハーブの女王」という呼び名も。

 

抗糖化、抗酸化、栄養補助、美味しさ、安全性全ての面から、この富原製茶組合の粉末よもぎ茶は超オススメ。

 

体の老化が気になる方、老化レベルを減らしたい方はぜひ試してみてください。