カカオマスが一番多く使われていて健康効果も期待!
明治 アーモンドブラック

明治 アーモンドブラック

明治「アーモンドブラックチョコレート」をご紹介。カロリーは487kcal。220円前後。

 

明治のアーモンドチョコレートは素焼きなのでトランス脂肪酸の発生がなく、さらにこのブラックはカカオマスが一番多く入っていて、カカオポリフェノールが2日分もとれてオススメですよー」というお話。

 

ブラックではないアーモンドチョコレートと同様に「プレミアムナッツセレクト」(米国農務省が認定するアーモンドの最高基準を、さらに上回る厳しい基準で選別したアーモンド使用)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

栄養成分・原材料

明治 アーモンドブラック 栄養成分・原材料

栄養成分(1箱84g)
カロリー487kcal
タンパク質9.1g
脂質34.5g
炭水化物38.0g
-糖質32.1g
-食物繊維5.9g
塩分相当量0.03g
カカオポリフェノール946mg
原材料
カカオマス、砂糖、アーモンド、植物油脂、全粉乳、ココアバター、還元水あめ/乳化剤、光沢剤、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

 

明治アーモンドチョコレートの光沢剤は「シェラック」という、FDA(アメリカ食品医薬品局)から無毒認定されている種類が使われて安心です。

 

2日分のカカオポリフェノールが摂れる!

原材料を見ると、砂糖よりカカオマスの方が多く使われていて良いですね。

 

ブラックではない明治アーモンドチョコレートは、カカオマスが原材料の中では4番目にきていますが、アーモンドブラックは1番多く使われています。

 

【原材料】明治アーモンドチョコレート

砂糖、アーモンド、全粉乳、カカオマス、植物油脂・・・

 

【原材料】明治アーモンドブラック

カカオマス、砂糖、アーモンド、植物油脂、全粉乳・・・

 

お客様センターにチョコレートのカカオ分は何%か聞くと、

 

担当者
明治

カカオ分は35〜40%です。特にカカオ分が高いチョコレートを使用しているわけではなく、色が黒いので「ブラック」と呼んでいます。

 

てっきりカカオ分はもっと高いのかと思っていました。

 

ただ、カカオポリフェノールの量はブラックではないアーモンドチョコレートが1箱333mgに対し、アーモンドブラックは1箱936mgと約3倍。カカオの健康メリットが出てくるために、1日に摂ると良いとされている200〜500mgを優に超えます。1箱で2日分とれますね。

 

しかし、カロリーが487kcalと高いので、1日半分ずつ食べるのがベストかと。

 

明治のアーモンドは素焼きでトランス脂肪酸発生せず!

明治のアーモンドチョコレートは、アーモンドをローストするときに油を使わず、直接火にかけて素焼きしているので、油の酸化によるトランス脂肪酸発生がありません。

 

逆にロッテのアーモンドチョコレートは、植物油脂を入れたチョコレートをアーモンドにコーティングして火にかけているので、トランス脂肪酸の発生可能性があるとのこと。

※明治・ロッテ お客様センター情報

 

アーモンドは健康・美容効果抜群!

アーモンドが身体に良いことは皆さんもご存知のところ。

 

「若返りのビタミン」とも言われるほど抗酸化力の高いビタミンE、血糖値上昇を抑えてくれるオレイン酸、大腸がんの予防にもなる食物繊維などが豊富に含まれています。その量は、

 

ビタミンE :ピーナッツの3倍!

食物繊維 :レタスの9倍!

オレイン酸:ゴマの1.8倍!

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

 

健康・美容面でもこのアーモンドブラックはオススメ。

 

見た目・味について

明治 アーモンドブラック 見た目

色が下のブラックではない明治アーモンドチョコよりもだいぶ黒いです。

明治 アーモンドチョコレート 見た目

 

明治 アーモンドブラック 断面

甘さが控えめなので、普段カカオ70%のチョコレートを食べたりする自分にとっては、このブラックの方が食べさすさを感じて美味しいです。

 

チョコレートの甘さとアーモンドの香ばしさを良いバランスで感じれるのは、このアーモンドブラックが一番かと。

 

カカオマスが多く入っていて砂糖のデメリットも少なめ。「ハイカカオチョコレートも食べれるよ」という方は、通常のアーモンドチョコレートよりこっちのブラックの方がオススメです。