きな粉が次の食事の血糖値までも抑えてくれる!
カルディ 三温糖きなこねじり

きなこねじり

カルディの人気商品「三温糖きなこねじり」をご紹介。カロリーは1袋556kcal。税込236円。

 

きなこねじりは「きな粉と砂糖と水飴を混ぜ合わせ、それをねじってできあがり」というシンプルなお菓子。

 

きな粉は血糖値の上昇を抑えてくれて、抗糖化・老化防止にオススメですよー」というお話です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

栄養成分・原材料

きなこねじり 栄養成分・原材料

栄養成分100g150g
カロリー371kcal556kcal
タンパク質14.4g21.6g
脂質8.2g12.3g
炭水化物63.2g94.8g
塩分相当量0.0g0.0g
原材料
きな粉(遺伝子組換えでない)、水飴、砂糖(三温糖)、食用植物油脂(こめ油)、(一部に大豆を含む)

 

きなこの原料となる大豆は畑の肉と称されるように、たんぱく質やビタミンE、食物繊維がたっぷり。

 

成長期のお子さまにも、美容を気にされる女性にも、みんなに食べてもらいたい。そんな母親のようなやさしさが、きなこねじりの原材料です。

引用元:札幌第一製菓HP

 

砂糖・水飴も入っていて、カロリーも1袋556kcalと高いのでバクバクと食べていいわけではないですが、栄養豊富なきな粉がちゃんと一番多く使われているのは良いポイントですね。

 

食用植物油脂(こめ油)については、

 

担当者
担当者

生地を練り合わせるときに、機械と生地がくっつかないようにするため使用しています。

 

入っている量は、きなこねじり全体の0.1%ほどです。

 

ほとんど入っておらず、油の酸化の可能性もないので安心。

 

きな粉のセカンドミール効果で血糖値上昇を抑制!

きな粉には、きな粉を食べたときだけでなく、その次の食事の血糖値の上昇も抑えてくれる「セカンドミール効果」があります。

 

これはジェンキンス博士(トロント大学)が1982年に発表。

 

  • 食物繊維の多いマメ科植物(大豆など)を含む食事は、粘質物が消化・吸収を遅らせ、食後の血糖の上昇をおさえる。
  • さらにマメ科植物(大豆など)を含む食事は、次の食事による血糖コントロールを改善する

 

きな粉は大豆を炒って皮をむき、挽いてできる大豆製品です。

 

面白いのが、このセカンドミール効果を検討するために行われた実験で、朝9時に3つのグループにそれぞれ下記のものを食べてもらいました。

 

1グループ:大豆焼菓子

2グループ:せんべい

3グループ:水のみ

 

続いて3時間後の昼12時に、3グループ共通で市販の栄養食品を食べてもらいました。すると、大豆焼菓子を食べたグループは、せんべいを食べたグループに比べて食後240分~300分の血糖値がはるかに低く、また何も食べなかったグループと比べても低い結果になりました

出典:大塚製薬HP「セカンドミール効果」って?

 

せんべいを食べたグループより低いのはわかりますが、何も食べなかったグループよりも血糖値が低くなったのはすごいですね。

 

これは、大豆焼菓子を第1食目に食べたことで次の第2食目の糖の吸収が抑制された、もしくは血中から糖の代謝を促進するホルモンが多く分泌されたためと考えられます。これがセカンドミール効果です。

 

ということはです。この実験では、朝9時→昼12時の例でしたが、昼3時(おやつ)→夜7時(晩ごはん)でも同じ効果が得られるのでは、と考えられます。もちろん、昼の大豆焼菓子は「きなこねじり」でいいんじゃないでしょうか。

 

きな粉で血糖値上昇を抑制→美味しく抗糖化!

体内のたんぱく質に糖が結びつくことで起きる老化、「糖化」で作られるAGES(終末糖化産物)は、高い血糖値の状態でどれだけいたかで決まります。

 

一度作られたAGEsはほとんど体外に排出することができないと言われているので、きな粉のセカンドミール効果で血糖値の上昇を抑えて、美味しく糖化・老化を防いでいきましょう。

 

明石家さんまさんはきな粉好きを公言していますが、あの若さを維持するのにきな粉が一役買っているのは間違いないと思います。

 

見た目・味について

カルディ きなこねじり 見た目

中まできっちり生地が練りこまれています。噛めば噛むほど、きな粉の風味と三温糖の優しい甘みを感じることができます。

 

カルディ きなこねじり 断面

食感も独特で、最初は表面に薄くまぶされた砂糖でザクっとした後、噛んでいくと生地のやわらかさとねっちり感があります。若干歯にくっつく感じ。

 

どこか懐かしさのある素朴な味わいでありがなら、食べた後の満足感もちゃんとあって美味しいです。

 

きな粉には栄養があり、セカンドミール効果も期待できるので、ぜひ次回の3時のおやつにいかがでしょうか。