1箱で1日分のポリフェノール!
明治 チョコレート効果
カカオ72% カカオニブ

明治 チョコレート効果 カカオニブ

明治「チョコレート効果 カカオ72%カカオニブ」をご紹介。税込228円。カロリーは1枚30kcal、1箱9枚入りで270kcal。

 

1箱で1日にとると良いとされているポリフェノール量が入っているのでオススメですよー」というお話。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

栄養成分・原材料

明治 チョコレート効果 カカオニブ 栄養成分・原材料

栄養成分値1枚5.1g1箱45.9g
カロリー30kcal270kcal
タンパク質0.6g5.4g
脂質2.2g19.8g
炭水化物2.1g18.9g
-糖質1.5g13.5g
-食物繊維0.6g5.4g
塩分相当量0.0g0.0g
カカオポリフェノール135mg1,215mg
原材料
カカオマス、砂糖、ココアパウダー、フライカカオニブ、植物油脂、ココアバター/乳化剤、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

 

1箱で1日分のポリフェノール量が摂取できる!

以前、パレオな男さんのブログ「1日1,235mgのポリフェノールで死亡率が最も低下する」をご紹介しましたが、ポリフェノールは1日に1,000〜1,500mgが目安とされているようです。

 

赤ワインをよく飲むフランス人(30〜60代)の1日の平均ポリフェノール摂取量も、男性:1,280 mg、女性:1,120 mg。ポリフェノールには美容効果や、ガン・心臓疾患・糖尿病の発症リスクを低減する効果があります

出典:静岡県立大学 日本人のポリフェノール摂取量に関する検討

 

となると、この「チョコレート効果 カカオ72%カカオニブ」を1箱食べれば、カカオポリフェノールを1,215mgもとることができるので、1日分のポリフェノールを摂取することができるというわけです。

 

ポリフェノール効果の持続時間的に小分けで食べるのがベスト!

ポリフェノールは水に溶けやすいので、摂取した後すぐに抗酸化作用が働いてくれる分、大量に摂取したとしても体にためておくことができず、3時間程度で尿などによって体の外へ出されてしまいます。

 

というわけで、ポリフェノールはこまめに摂取してあげることが大切。この「チョコレート効果 カカオニブ」でいえば、3枚ずつを朝・昼・夕方に小分けして食べれば、カカオポリフェノールの健康効果を1日を通して受けることができ、なおかつ1日分のポリフェノールをとることができてオススメ。

 

もしくは、朝はコーヒー1杯(ポリフェノール量:約200mg)に置きかえるというのも良いかもしれませんね。

 

見た目・味について

明治 チョコレート効果 カカオニブ 入り数明治 チョコレート効果 カカオニブ 見た目

こんな感じのチョコレート9枚が個包装されています。

 

明治 チョコレート効果 カカオニブ 断面

薄い茶色の粒がカカオニブ。原材料には「フライカカオニブ」と書かれていますが、カカオニブを揚げることでカリカリした食感となり、カカオの風味をより感じれるようになっています。

 

カカオ分72%+カカオニブなので、苦味は強め。ただ、サクサク食感のおかげで苦味も嫌な感じがせず、「すっきりとしたビター感」という印象で美味しいです。

 

こんな感じでハイカカオチョコレートだけど、パフが入っていてサクッと食べれる商品ってあまりない気がします。オススメです。