コーヒー好きのためのお菓子!
カルディ コーヒーチョコクランチ

カルディ コーヒーチョコクランチ

カルディ「コーヒーチョコクランチ」をご紹介。

 

カルディ人気NO.1コーヒー豆「マイルドカルディ」が入っていて、コーヒー好きにオススメのお菓子。カルディの羊の絵の由来についてもご紹介します。

 

カルディ コーヒーチョコクランチ 個包装

中には15個のチョコクランチが入っています。価格は税込451円。1個あたり税込約30円。カロリーは1袋(15個)390kcal、1個26kcal。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カルディの名前と羊の由来

カルディ 羊の絵

この羊。カルディの商品パッケージでよく見ますよね。どうやらこの羊はコーヒーの発祥に関わっている羊のようです。

 

昔々のアフリ力、今のエチオピアの奥地に住んでいた1人の山羊飼いの物語です。ある日のこと、放し飼いにしている山羊が興奮して飛び廻り、夜になってもおさまりません。調べてみると、草と一緒に食べた赤い実が原因らしいことがわかりました。

 

そこで、 山羊飼いもその赤い実を口にしてみたところ、元気が出て気分が爽快になったといいます。 その話を聞いた修道僧が、眠気に悩んでいた僧の修行に役立つのではと考え、試してみると大変役に立ったそうです。

 

このことが村々に知られ、やがて遠い国までこの話が広まっていきました…。
その時の山羊飼いの名前が『カルディ』 でした。
そして力ルディが味わった赤い実こそが「コーヒー」だったのです。

「引用元:カルディHP

 

このコーヒー発祥の昔話がカルディの名前・絵の羊の由来なんですね。

 

栄養成分・原材料

栄養成分表示1個 約5g15個 約80g
カロリー26kcal390kcal
たんぱく質0.3g6.5g
脂質1.4g21.0g
炭水化物3.1g46.5g
食塩相当量0.02g0.3g
原材料
砂糖、カカオマス、コーンフレーク、ココアバター、ココアクッキー(砂糖、小麦粉、植物油脂、ココアパウダー、カカオマス、全粉乳、食塩、乾燥卵白)、コーヒー、小麦パフ/乳化剤、膨張剤、香料、(一部に小麦・乳成分・卵・大豆を含む)

 

小麦パフの「パフ」とは、白米をポン菓子にするようなイメージで、食材を穀類膨張機と呼ばれる機械を使って内部に無数の小さな空洞を作り、サクサクっとした食感にしたもの。それの小麦バージョンということですね。

 

膨張剤はアルミフリー!

お客様センターに植物油脂の内容と、膨張剤の中身について聞いてみました。

 

担当者
カルディ

植物油脂の内容は菜種油と大豆油です。トランス脂肪酸の量は把握できていません。

 

膨張剤にはアルミニウムは入っていません。

 

トランス脂肪酸の量について把握できていないというのは心配ですが、膨張剤にアルミニウムが入っていないのは良いですね。

 

アルミニウムついては過去のブログにも書きましたが、国が使用基準を検討しているほど毒性が認められており、神経の発達に問題を起こしたり、腎臓障害が懸念されています。

 

幼児がアルミニウム入り膨張剤が入った食べ物を食べると、アルミニウムの摂りすぎになることも東京都健康安全研究センターが示唆しています。このチョコクランチには入っていないとのことで、安心してお子さんにもあげることができます。

 

見た目・味について

カルディ コーヒーチョコクランチ 見た目

 

人気NO.1コーヒー豆を使用!

混ぜられている細挽きと荒挽きのコーヒー豆には、カルディで創業当初から人気NO.1のオリジナルコーヒー豆「マイルドカルディ」が使用されています。

 

カルディ コーヒーチョコクランチ 断面

味は本当に「ザ・コーヒー味」といった感じ。コーヒーのほろ苦い風味が口の中に広がり、ザクザクした食感も美味しいです。

 

コーヒーの風味・香りが好きな方にとてもオススメなお菓子です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
チョコレート
saradanをフォローする
saradan