異性化液糖は砂糖以上に危険視する必要なし
セブンイレブン
キャラメルもなか&あずきもなか

セブンイレブン 焦がしキャラメルもなかセブンイレブン 北海道あずき あずきもなか

セブンイレブン「ほんのりビターな大人のあじわい 焦がしキャラメルもなか」と「北海道産あずき あずきもなか」をご紹介。

 

内容量は2つとも120mlで、税込192円。森永製菓のチョコモナカジャンボが内容量150mlで税込140円であることを考えると、少し値段が高いですね。

 

このセブンイレブンのもなか2品も同じ森永製菓が作っていて、チョコモナカジャンボの高級バージョンといった感じ。

 

この商品には「異性化液糖」が使われていて、よく「異性化液糖やブドウ糖果糖液糖は砂糖よりも危険だ!」なんて言われがちなのですが、ちゃんと調べてみると「異性化液糖やブドウ糖果糖液糖の成分は砂糖とほとんど同じで、砂糖以上に危険視する必要はないですよー」というお話。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

栄養成分・原材料

セブンイレブン 焦がしキャラメルもなか 栄養成分・原材料 セブンイレブン 焦がしキャラメルもなか 栄養成分・原材料

栄養成分
キャラメルあずき
カロリー265kcal312kcal
タンパク質2.4g3.9g
脂質15.2g13.8g
炭水化物29.8g44.5g
-糖質29.6g41.5g
-食物繊維0.2g3.0g
塩分相当量0.1g0.2g
原材料
キャラメルチョコレートコーチング、キャラメルソース、モナカ(小麦を含む)、乳製品、水あめ、砂糖、異性化液糖、糖類加工品、卵黄(卵を含む)、デキストリン/加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、カラメル色素、安定剤(増粘多糖類、ゼラチン)、香料、甘味料(アセスルファムK)
あずきあん、チョコレートコーチング、モナカ(小麦を含む)、乳製品、砂糖、小豆煮汁、水あめ、小豆パウダー、デキストリン/加工デンプン、乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、カラメル色素

 

食品添加物について、森永製菓に聞くと

 

遺伝子組換え原料の使用は「わからない」

加工デンプンの種類は「開示していない」

カラメル色素の種類は「カラメルI(天然成分のみで安全)」

とのこと。

 

異性化液糖(果糖ブドウ糖液糖)は砂糖とほぼ同じ

キャラメルもなかに使用されている「異性化液糖」とは、トウモロコシなどのデンプンを酵素の力を使った科学的方法によって、そのデンプンを構成するブドウ糖を果糖に変えた(異性化した)もののことを言います。

 

異性化液糖は、ブドウ糖を果糖に変えた(異性化した)割合で、さらに呼び名が細かく変わります。

 

糖全体のうち、

異性化した果糖が50%未満:ブドウ糖果糖液糖

異性化した果糖が50〜90%:果糖ブドウ糖液糖

異性化した果糖が90%以上:高果糖液糖

より多い割合の糖の方が呼び名の最初に付くかたちですね。

 

ちなみに、砂糖は果糖とブドウ糖の割合が50%:50%。

 

異性化液糖の特徴としては、まず価格が砂糖よりも安いこと。次に砂糖とちがって低温でも甘みを感じやすいため、飲料やアイスクリームなどの低温の商品によく使われています。

 

異性化液糖はよく「砂糖よりも老化の原因となるAGEs(終末糖化産物)を作りやすい」「砂糖よりも中性脂肪になりやすい」のような危険性が言われたりしますが、2008年に米国医師会が「異性化液糖はきわめてショ糖(砂糖の主成分)に類似していて、ショ糖以上に体に及ぼす害はない」と発表しています。

 

また市場に出回っている異性化液糖のほとんどが、

果糖42%:ブドウ糖58% か

果糖55%:ブドウ糖45% で、

果糖50%:ブドウ糖50% の砂糖

とほぼ変わらない。

 

さらに、肥満の方を対象にした実験でも、砂糖を摂取したグループも異性化液糖を摂取したグループも太りやすさは変わらなかったという実験データがあることが、下記ブログにも書かれています。

果糖ブドウ糖液糖(異性化糖)はどこまで体に悪いのか?
アラフォー男がアンチエイジングについて考えるブログです。

 

基本的には砂糖と同じく取りすぎには注意した方がいいものの、砂糖よりも危険であったり、特別警戒しなければいけないということではなさそうです。

 

見た目・味について

セブンイレブン 焦がしキャラメルもなか 見た目

まずは焦がしキャラメルの方から。見た目はとてもシンプルです。

 

プラリネ入りの皮が上品な香ばしさ

皮には「プラリネ」という、焙煎したヘーゼルナッツやアーモンドに加熱した砂糖を和えてカラメル化したものが使われていて、それが焦がしキャラメルの風味をよりいっそう引き立たせています。

セブンイレブン 焦がしキャラメルもなか 断面

 

口に入れると、皮がパリパリでシュワっと溶ける感じ。中のキャラメルアイスが甘すぎないので、皮と一緒になると皮の香ばしさとほろ苦さも混じり合い、それがまた上品な味わいに感じられます。まさに大人のもなか。

 

セブンイレブン 焦がしキャラメルもなか 断面

続いてあずきもなか。焦がしキャラメルの方もそうだったのですが、皮とアイスの間にホワイトチョコのコーティングが入っていて、これがあることによってアイスの湿気を皮に移らせずに遮断する効果があり、皮のパリパリ感が維持されています。

 

中に入っているつぶあんとアイスにはコクのある甘さがあります。そこにパリパリで香ばしく、少しほろ苦い皮が合わさることによって、なんとも独特の美味しさに。

 

つぶあんも大きめなので、あんこの旨みもしっかりと感じることができて、食べたあとの満足感もバッチリです。

 

値段は税込192円とするものの、それに見合う上品な美味しさを楽しむことができる大人のもなか。店頭で見つけたときは、ぜひ一度買って食べてみてください。